第5回.png

応募総数

6,066作品

リボン.png
46S.jpg

島根県知事賞
ジュニアの部

大坪悠介さん

 【作品の背景】

ぼくが前に「お母さん、お母さんってしらがとか生えてないの?」と聞いたら「無いに決まってるでしょ!」と答えました。その数日後、お母さんが鏡の前で何かを切っているのを発見しました。こっそり見ているとなんとハサミでしらがを切っていたのです。その時に思いつきました。今では、ぼくがお母さんのしらがを切ってあげています。

11S.jpg

青少年育成島根県民会議会長賞
一般の部

白井典子さん

 【作品の背景】

最近、テレビでデパートの子供服売場の中継をしていました。そこには、元気な中年夫婦二組と若い夫婦と洋服には興味なさそうな男の子が映し出されていました。高いブランドの洋服をあれこれ選んでいる姿を見ていて、ふと20年前の我が息子の七五三の時を思い出しました。今は亡き祖父母達も一緒に近所の神社に御参りしたのです。高い洋服こそ買っては頂けませんが、傍から見るとなんと親バカ(?)に見えたことでしょうか?懐かしくなりこの作品をつくりました。

12S.jpg

青少年育成島根県民会議会長賞
一般の部

古田千博さん

 【作品の背景】

私には子どもが3人います。長男は中学1年、次男は小学5年、三男は小学3年です。いつの間にか3人とも大きくなり嬉しい限りです。しかし特に体力面では、子どもは伸びる一方、親は衰え放題ということで「威厳」を保つのが難しくなってきました。特に、長男とスポーツをするとそう感じます。まだまだ負けないとは思っているのですが、拮抗する場面が多くなっています。少し前まではハンデがあっても楽勝だった腕相撲が、最近危うくなってきました。オヤジの面子にかけてこえだけは負けられないという意地と、子どもの成長が頼もしくもある気持ちを表現してみました。

13S.jpg

優秀賞
一般の部

吉川喜由さん

 【作品の背景】

肩車の息子が楽しそうに歩いていました。笑う顔が上と下で同じ表情で思わず笑ってしまいました。注意して見ていますと、自転車の子どもと親も同じ顔でこちらに向かって来ます。それだけで親子とわかりほのぼのします。

17S.jpg

優秀賞
一般の部

薄木博夫さん

 【作品の背景】

私には三人の娘がおります。長女が嫁いで最初に生まれた孫は、女の子でした。二代続けて女系家族かと心配したのですが、その後、次女、三女と嫁ぎましたが、生まれた孫はすべて男の子でした。この時ばかりは神の摂理に感謝したものでした。唯一人の可愛いい孫娘もやがて小学生となりました。夏休みのある日、我が家に遊びに来た。食事も済んでトランプ遊びをした後でばあちゃんと娘と孫娘とで「あや取り」が始まった。最初は上手にできず困っていた孫娘も、失敗を繰り返すうちに、段々上手にできるようになっていた。そんな一生懸命に頑張る孫娘の姿をみて「あや取り」を通じて育まれていく家族の絆を感じる思いがした。

47S-3.JPG

優秀賞
ジュニアの部

綿貫琉人さん

 【作品の背景】

実家に帰っていた時のことです。帰るとおじいさん、おばあさんは決まって子ども達の顔をのぞきこみ、少しの変化でもほめてくれます。そんな気持ちが伝わるのでしょうか。「ジジ、なんで僕のこと好き?」と聞くと子供におじいさんは「なんでもだわや!お前はジジの宝物だけん!!」と一言。TVを見ながら何気なくした会話をちゃんと覚えていたのでしょう。その後、何度言っても片付けてない部屋をみた私がもう怒った!!と大きく息を吸って怒り出そうとした時、"ヤバイ、叱られる・・・"と感じた子供が発した一言でした。私が怒る前にクギをさすように言ったあまりのタイミングの良さにその時は叱らず、かわりに笑いが起こったことを覚えています。家族にとっては日常の何気ない会話の一つでしたが、先手をうってきたパターンはあまりなかったので、記憶に残っていました。子供って一日に何度も親にとっての嬉しい言葉を言ってくれます。あまり自然に言うので忘れてしましがちですが、私は忘れないようにしてやりたいと思います。

14S.jpg

優秀賞
一般の部

田中洋子さん

 【作品の背景】

「お父さん」「お母さん」が生活の100%を占め、四六時中親にまとわりついていた娘たちも、小学校にあがる頃から少しずつ、自分たちの世界を持つようになりました。友達だったり、学校だったり、親と別々の時間が増えてきた娘たち。「早く大きくなってちょうだい。」などと言っていた昔が懐かしく、「もうちょっと子供でいてちょうだい。」と勝手なことを言いながらまとわりついてしまう、この頃です。

18S.jpg

優秀賞
一般の部

大林圭子さん

 【作品の背景】

風邪をひいてもいないのに私の部屋をいつも通る時、せきばらいのような咳をして通る今はもう亡き父を思い出して作りました。うちの家は昔ながらの木造住宅2階建てでしたので、もちろん各部屋(勉強部屋)も今のようなドアなどなくふすま・障子のようなものでした。私が高校、大学生くらいの年頃になると父ともあまり多くは語らなくなり、父も気軽に子供部屋に入ってこなくなりました。その代わりに自分(父)の存在をアピールするかのように、いつも何故かせきばらいして部屋を通り過ぎ自分の部屋に入っていきました。今思えば、娘と何か話がしたくてたまらなかったのだと(声をかけてほしかったのかと)寂しかった父に悪いことをしてたなぁ・・・とちょっぴり後悔の念にかられます。

48S.jpg

優秀賞
ジュニアの部

豊田知佳さん

 【作品の背景】

よく、物を置きっぱなしにしてしまう私ですから「片づけて!」と言われるのはほとんどの確率で私です。でも、たまに父や姉が参加することもあります。この作品は「また私か・・・。」とふり返ってみれば、実は父だったという時のホッとした、なんだかおかしい気持ちを表したものです。私の置きっぱなしのクセはきっと父ゆずりなんですね。

15S.jpg

優秀賞
一般の部

長野恵美さん

 【作品の背景】

子ども達はお父さんと一緒に入るお風呂は大好きです。楽しそうな話し声や、笑い声が聞こえてくるので、私はいつも気になってしまいます。

19S.jpg

優秀賞
一般の部

本石由香さん

 【作品の背景】

子供達に片付けている側からおもちゃを散らかされたり、食べ物をこぼされたり、満足に掃除が出来ずイライラする毎日。そんな中、息子がハイハイし始め、私の後を一生懸命ついて来る。ふと見るとそんな姿がモップになった私の代わりに床掃除してくれるように見え嬉しくなった。掃除ができないくらいで、イライラしている自分に反省。「まあいいか。明日お掃除すればいいね!」やさしい気持ちに戻れ、子供達と楽しく向き合おうと思えた一瞬。そんな中できたことのはです。

16S.jpg

優秀賞
一般の部

矢野雅也さん

 【作品の背景】

作品の母とは、もちろん妻のことです。上の子が生まれる直前に(真夏だったこともあり)、妻が「子どもも生まれるから思い切って髪を切ろうと思う」と実に清々しい面持ちで言ったのが印象的で、そこにこれから母となる妻の"希望"や"喜び"、そして"強い心構え"を感じとりました。そして、とても温かい気持ちになったことを覚えています。この作品は、そんな「心の体験」をもとに、"子に対する母の深い思い"を表現できれば・・・と思ってつくりました。現在は下の子が3歳。まだまだ手がかかり、髪を(昔のように)長く伸ばす予定は今のところまだないようです。

20S.jpg

優秀賞
一般の部

本石由香さん

 【作品の背景】

友人のお孫さんのことです。4歳と2歳の姉妹はいつも口げんかするそうです。 ところが、母親が風邪をひいたとたん、姉妹が協力して薬をのむための水を布団まで運んでくれたり「がんばってね」と声をかけてくれたそうです。姉妹って本当にいいものだと思いました。そして優しい心に胸が熱くなりました。

21S.jpg

佳作
一般の部

永嶋●子さん【※●は、日(ひへん)に告さん】

 【作品の背景】

3人の子育てがおわり、それぞれが結婚し子供を持つに至り、自分一人で大人になった顔をしている子供たちに「ここまでにしてくれてありがとう」くらい言えないものかしらとふと思う。ところが自分自身も父母にそういったこと言えなかったじゃないかと思ったのが作品の背景です。口に出して言わなくても十分心には思っていることがある。でも、日本の文化って、口に出して言うとうそっぽく聞こえたり恥ずかしかったり、きざに聞こえたりとストレートに言えないところがある。夫婦でも「愛してるよ」なんて欧米人のようには言わない。名前も呼ばずに35年以上も平和に暮らす夫婦。親子もしかりなんだなという思いです。

25S.jpg

佳作
一般の部

稲村けい子さん

 【作品の背景】

「ただいまー、はいばあちゃんお土産」と小学校一年生の孫娘はいつも学校の帰りにかわいい草花を摘んできて私を喜ばせます。お気に入りのコップに飾って、それからおやつを食べながら今日の学校での楽しいお話しが始まります。大きなランドセルを背負って40分もの帰り道、おばあちゃんに・・・って、小ちゃな手でお花を摘んでる姿を思い浮かべると、いとしくて、いつまでもそのたんぽぽのようなやさしい女の子でいてほしいと願いながら。いつもありがとうはむぎゅーっです。

29S.jpg

佳作
一般の部

廣岡睦美さん

 【作品の背景】

現在2歳の長男が寝ている時に「ニコッ」としたのを目撃して「あー楽しい夢を見ているんだなぁ・・・。笑わせているのが私ならうれしいなぁ・・・。」と考えたのがきっかけです。長男、次男(9ヶ月)とも、とってもやんちゃでイタズラばかりだけど笑顔がとってもかわいくて、何でも許せてしまう程です。これからも現実でも夢の中でもたくさん笑って欲しいと思います。

33S.jpg

佳作
一般の部

藤木佐百合さん

 【作品の背景】

年度末、残業が続いた頃、疲れ果て家に帰ると当たり前のように家事が待っていて、子ども達とまともに会話することもなくイライラしながら家事をこなしている、そんな毎日でした。そんなある日、夜遅く帰宅すると、テーブルの上に色紙・サランラップ・毛糸で作られた「げんきのでるおまもり」が置かれていました。まだ小学校1年生だった娘が一生懸命作ってくれたことが手に取るようにわかり、更に、何も言葉にしないまでも母を心配してくれたいる娘の健気さ嬉しくてまた、そんな思いを抱かせてしまった私自身が情けなくて・・・。「げんきのでるおまもり」は、栄養ドリンク以上に身体と心に効き、辛いときは、見守ってくれて一緒に頑張ってくれている家族がいることを忘れないで!と言われているように、今でも肌身離さず私の大切な大切な宝物となっています。

37S.jpg

佳作
一般の部

佐伯雄一さん

 【作品の背景】

わが家は4人の子がいるのですが、末っ子の男の子が小学3年生のころのクリスマスに「サンタさんってほんとにいるのかな。友だちはいないというし、ゆうべ遅くお父さんが部屋に入ってきてプレゼントを置いてたような気がするんだけど」と言い出しました。その時に答えた内容をほとんどそのまま作品にしました。サンタはお父さんによく似ているんだと納得してくれた様子でした。子どもを大切に思う気持ちは父もサンタもいつまでも似ている、とのメッセージを込めました。

41S.jpg

佳作
一般の部

石田由紀子さん

 【作品の背景】

子育てをしていて思いをひとことに表すのに次から次へとことばが浮かんできました。この作品は、私が座っている時に3人の子供達がじゃれて"お母さ〜ん"と3人いっぺんにのしかかってきたんです。私は思わず倒れ込んでしまったのですが、それと同時に「この子達3人のお母さんは私なんだ。3人も私をお母さんとして頼っているんだ。子どもはたくさんいればいるほど楽しいんだろうなぁー」とその時思ったのです。「3人の子どもに恵まれてほんと幸せだなぁ」と思ったのです。そして、「子どもはいらない」とか「子どもは一人で十分」とか思ってる方に、「結構子どもがいると楽しいですよ、たくさんいれば楽しさ倍になりますよ」と伝えたかったです。また、不妊で悩まれてる方もこんな姿を想像してあきらめず頑張っていただきたいな・・・と思っています。すべての方が幸せになる様に子孫繁栄、たくさんの子ども達で次の世代を担って欲しいものです。

45S.jpg

佳作
一般の部

植野小百合さん

 【作品の背景】

よちよち歩きを始めた息子を連れ靴を買いに行った時にこと。大きいかな?きつくないかな?と靴の上から親指の位置を押して確かめた。初めての靴なので軽くて歩きやすい物をと慎重になりました。子どもの成長は早いもの。一瞬一瞬を大切にし、子どもの成長過程を見守っていきたいです。このファーストシューズは、その思い出としてずっと取っておこうと思います。

52S.jpg

佳作
ジュニアの部

長野聡子さん

 【作品の背景】

母に「ぜったいこうなる」と言われて、そんなことないと思っていると、いつもいつも母の言うとおりになります。毎回、「あー、くやしい」と思っています。あ、また今日も。くやしいなぁ〜。

22S.jpg

佳作
一般の部

山本理絵さん

 【作品の背景】

次男が生まれ母を独り占めできなくなった長男の心境が背景です。がまんする事が増えた長男に変わらない愛情を注ぎたいという思いをこめました。

26S.jpg

佳作
一般の部

岩中幹夫さん

 【作品の背景】

泣いたり暴れたりとかわいい怪獣のような親戚の子が初めて立った瞬間を詠んだ句です。

30S.jpg

佳作
一般の部

瀧田遊さん

 【作品の背景】

私自身には「ひいじいちゃん」も「ひ孫」もいませんが、「子育て・子育ち」というフレーズを見たときに、そこから想像される人物をそれぞれを結びつけるキッカケを考えて作品作りを行った結果、できました。

34S.jpg

佳作
一般の部

田中裕子さん

 【作品の背景】

昨年生まれた我が子の1つ1つの成長に日々驚かされています。私達親バカ夫婦は、よく、もうこんな事出来てしまうけどこの子は天才なのでは!?と言い合っています。天才児を育てるには、お金がかかるのでは!?ってところからこの言葉がでました。子育ては大変な事も多いですが、親バカでいたら楽しい事やうれしい事がより多いと思います。友達に子どもを育てる楽しみを伝えるのに苦労した事もあったりしました。親バカ最高!!って事が一番この言葉に込めた思いです。

38S.jpg

佳作
一般の部

南明子さん

 【作品の背景】

一生懸命、我が息子に食べさせている横で、見守る父(パパ)も応援の気持ちと心配の気持ちで、一緒になって口を開けているのでとても笑えます。

42S.jpg

佳作
一般の部

豊島亜純さん

 【作品の背景】

この作品は、2歳の次男が話す赤ちゃん言葉から思いつきました。2歳と言えば、わがままできかん坊の大変な時期ですが、今しかしゃべらない赤ちゃん言葉を聞き逃さない様に毎日を大切に息子を育てていきたいと思っています。

49S.jpg

佳作
ジュニアの部

埜辺綾香さん

 【作品の背景】

家の中ではお父さん、お母さんに甘えてくっついていたいけど、お買い物の時や公園などでは、ちょっとはずかしいです。

53S.jpg

佳作
ジュニアの部

佐々木愛さん

 【作品の背景】

私のお母さんはよくおこります。おこっている時、電話がなると急にやさしい声に変わって電話にでます。いつもそんなやさしい声でしかってほしいです。

23S.jpg

佳作
一般の部

須藤久枝さん

 【作品の背景】

親になって「親心」が理解できるようになり19歳と15歳のなまいき盛りの娘たちを相手に苦労しております。思えば私もこの年代は母にいろいろ心配をかけていたと思います。そんな自分と娘たちを重ね合わせ反抗期という成長過程のうれしさととまどいをユーモラスに表現してみました。「子育て」といいますが、子供に「親育て」をしてもらっている様な気がします。

27S.jpg

佳作
一般の部

齋藤美紀さん

 【作品の背景】

作品コメントなし

31S.jpg

佳作
一般の部

竹重満夫さん

 【作品の背景】

わが家では3人の子どもがそれぞれ2人づつ孫を生んでくれました。赤ちゃんの時の泣き声を電話で生中継するのはわが家のしきたりです。元気な泣き声を聞くと私達夫婦(ジジとババ)も安心して子育てが順調であることを確認できるのです。

35S.jpg

佳作
一般の部

有田美幸さん

 【作品の背景】

6歳になる下の子がちょうど乳歯の抜ける時期で、このことが作品のきっかけです。10歳の上の子の歯も以前から大事にとってあります。昔から抜けた歯は屋根の上に投げるという風習がありますが、抜けた歯があまりにも小さくいとしいので、大事にとってきました。とても大切な私の宝物です。

39S.jpg

佳作
一般の部

中島順子さん

 【作品の背景】

我が家に赤ちゃんが生まれてからあることに気がつきました。夫の笑顔が違うのです。楽しかったりおもしろかったりして笑う笑顔だけではなく、心からいとおしいと思って相手を見つめる優しい笑顔です。それを見ると私も嬉しくなります。私がにっこりすると赤ちゃんも笑顔になります。笑顔の連鎖です。そろそろ息子は「赤ちゃん」ではなくなってきましたが、これからもほほえみあえる家族でありたいなぁと思います。

43S.jpg

佳作
一般の部

埜辺初枝さん

 【作品の背景】

小学生の娘に「わかってるよ、もう」と言いかえされて私も思わず「もう」の一言が出てしまいました。娘にお母さんも「もう、もう」言ってるよと教えられ、子どもの一言で自分を見つめ直したエピソードがありました。

50S.jpg

佳作
ジュニアの部

浜田あかりさん

 【作品の背景】

ママの赤ちゃんが男の子だったので、一緒に遊んだりできないなぁと思って残念でした。でも、手も足もちっちゃくてかわいいし、笑うともっともっとかわいいので、男の子でも仕方ないなぁ・・・と思いました。

24S.jpg

佳作
一般の部

吉永美紀江さん

 【作品の背景】

子どもが小学生になりお手伝いをしたがる時期になりました。その成長がうれしいのですが、お手伝いを「するよ」「したい」と言ってくれる時はたいていが朝の急いでいる時や夕方遅くなって早く作らないといけないと思う時間です。ついつい時計をみて今から手伝ってもらって大丈夫かしらと思ったり、今お手伝いしてもらうことが子どもの成長につながるからと思ったりしてしまう母心です。こんな葛藤の経験を何度もしていくうちに、子も親も成長していけるのでしょう。

28S.jpg

佳作
一般の部

岸保宏さん

 【作品の背景】

明治生まれの父、頑固な面が多い。反面照れ屋で優しい部分もある。家族に注意をしたい時、ボソボソと独り言と言う時がある。この内容がまたきつく耳を逸らさせない。効き目がある。

32S.jpg

佳作
一般の部

三木沙織さん

 【作品の背景】

親の目線に立ち子を見ていると、自分が幼かった頃、母も同様の想いで見ていてくれたのだと感じた。大切に育ててくれた親への感謝を忘れず自分も大切に子を育てていこうと思う。

36S.jpg

佳作
一般の部

清理奈さん

 【作品の背景】

ひとりっ子のため遊び相手がいなく、いつもお父さんと遊んでいます。良い遊び相手でお父さんのことが大好きなのですが、仕事が忙しく疲れがひどいときは遊んでやれない時があります。そんな時、子どもが父に対し「もう遊んであげん」と怒って言います。本気で怒っているのですが、その姿がかわいくて、この作品が思い浮かびました。

40S.jpg

佳作
一般の部

一柳圭志さん

 【作品の背景】

知り合いのゲーム好きのカメラマンが一日中TVの前に座っているという話を聞いてイメージしてみました。

44S-3.JPG

佳作
一般の部

福島敏朗さん

 【作品の背景】

3歳と5歳の孫がいます。孫と接しながら、余裕なく慌ただしかった子育てを振り返ることがあります。健やかに明るくと願いつつ、協調性のある子に育つことを最も望んだものです。孫にも望むことではありますが、やはりついつい甘くなってしまいます。

 

叱っても孫の逃げ道広く開け

51S.jpg

佳作
ジュニアの部

小草彩子さん

 【作品の背景】

自分自身、プレッシャーに弱い所があり、周りからの期待があればあるほど力が発揮できないことが多くありました。でも、「頑張ったね」という言葉は自分が認められたような安心感のある言葉だと思いました。だから、この言葉を使いました。

団体賞

益田市立西南中学校